• カートを見る
  • マイページへログイン
  • ご利用案内
  • お店案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
栗乃宝石箱
RSS
 

ならば、油は何がいいの?―その1

では、マーガリン、ショートニングが悪いなら、どんな
オイルが良いのでしょう?
食育講師の立場から、ボクがお勧めできるのは、まず、
バターです。
そう、バターは身体に良い!

一時期、バターは悪いという風潮がありましたね。悪玉コレス
テロールが増えるとか、何とかの理論がまかり通っていた時
代がたしかにありました。しかし、それはもう過去のことです。
(もちろん摂りすぎれば、何でも身体に良くありません。)

そもそもコレステロールは体内に存在する脂肪の一つで、血
液や脳、脊髄、筋肉などに含まれていて、細胞膜やホルモン
の原料となっています。
ですからコレステロールが不足すると、細胞膜が弱まり、免疫
力が低下することが予想されます。

長い間バターは誤解されてきました。と言うよりもバターほど
悪者扱いされた食品はないかもしれません。それはマーガ
リンが発明されて、バタ―と比べて良いということをアピール
するため、バターをことさら悪者扱いにしたからと思われます。

しかし、バターには、他の油にはない身体にとって必要不可
欠な成分が豊富に含まれています。たとえば、ビタミンAは
牛乳の約13倍もあり、ビタミンD、抗酸化作用のあるビタミ
ンE、酪酸などが含まれています。

バターは発酵乳と同じように紀元前から作られていたとされ、
狩猟民族には長い歴史があり、人間がいるところにバターが
あった、というような感じの食品です。悪いはずがありません。

とに角、バター、コレステロール悪玉説は間違っていた!と
いうことが、近年の栄養学の定説になっていますので、ここ
ではっきりとしておきたいと思います。OK? (笑)

日本初!ノー白砂糖&ノートランス脂肪酸宣言の店 【夢のまた夢】店主ブログ

(つづく⇒さらにボクが勧める油を語ります。)