• カートを見る
  • マイページへログイン
  • ご利用案内
  • お店案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
栗乃宝石箱
RSS
 

今日は「アスタキサンチン」のお話し(3)

前回まではビタミンEの効力の1000倍のアスタ
キサンチンは、鮭に含まれるあの赤い色ですよ、
というお話でした。

そうです!赤ければ、赤いほどいいということ!
ですから、紅鮭がお勧めです。紅鮭は白サケの
約4倍ほどのアスタキサンチンがあるからです。
ということは、白サケと比べて値段が3倍しても、
元は十分、お釣りがくる勘定ですね(*^_^*)

ところがこの紅鮭、日本では残念ながら捕れません
と言っても差支えのないレベルなんです。
じつは北海道で捕れる鮭は白サケです。紅鮭はわず
か1%ほどと言われています。
ほとんどがアラスカ、カナダの輸入、あるいはロシ
ア(カムチャッカ)からの密輸入?も含めたものら
しいです。

回転寿司で鮭のにぎりを頼む方々を多く見かけま
すが、すべて白サケです。コンビニの鮭弁もそう。
ノルウエー、チリなどの養殖ものがはばをきかせ
ています。これらの養殖サケのエサにアスタキサ
ンチンが含まれる原料を与えて育てるそうですよ。

ちなみに、アスタキサンチンは世界各地で人工的に
培養され、栄養・医薬品の原料として幅広く利用さ
れています。「自然界最強の抗酸化成分」という
付加価値が付くから、今や引っ張りだこなんです。

それで、ボクの裏ワザ的な??お勧めは缶詰です。
これはアスタキサンチン研究で有名な矢澤 一良先
生のご意見です。

netでロシア産・紅ざけをググってみて!すぐに
注文することが出来ます。

日本初!ノー白砂糖&ノートランス脂肪酸宣言の店 【夢のまた夢】店主ブログ

つづきーオリーブオイルに関するあなたの知らない話です。

ページトップへ