• カートを見る
  • マイページへログイン
  • ご利用案内
  • お店案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
栗乃宝石箱
RSS
 

あなたの知らないサラダオイルの真実(4)

サラダ油は200度前後に加熱すると「ヒドロキシノ
ネナール」という毒素が発生し、認知症等の原因

なるというお話で、衝撃を受けられた方もおられる
ことでしょう。
他ならぬボクもその一人です(笑)

サラダ油を加熱調理に使う日本は、ある意味、揚
げ物天国です。和食の代表的な料理、天麩羅を
はじめ、とんかつ、コロッケ、串揚げ、から揚げ、
エビフライ、カキフライ、チキンナゲット、薩摩揚げ、
油揚げ、生揚げ、揚げ煎餅、かりんとう、揚げあん
ぱん、カレーパン、ドーナツ、フライドホテト、ポテト
チップス等々・・・切りがありませんね!

今まで、そして今もどれくらいのサラダ油を身体の
中に入れているのでしょう?
しかもヒドロキシノネナールは蓄積性がある(@_@;)

前々回にお話しした通り、加熱されないサラダ油も、
その主成分のリノール酸が体内でアラキドン酸へ変
化し、身体の中に炎症をつくり、血管を詰まらせ、
膵臓障害、糖尿病、ガンのリスクを高め、寿命を縮
めます。

他にも、サラダ油を原料に作られたマヨネーズやド
レッシングなども口にしないことは、当然です♪

「信じられない!」というお声が聞こえています。
しかし、真実は小説よりも奇なり!常識のウソ!

ボクは国民医療費の50%削減を叫ぶ馬鹿者ですが、
信じてください!
きっとボクの本音トークがあなたの命を守ります。

日本初!ノー白砂糖&ノートランス脂肪酸宣言の店 【夢のまた夢】店主ブログ

つづきーさらにサラダ油の真実に迫ります!