• カートを見る
  • マイページへログイン
  • ご利用案内
  • お店案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
栗乃宝石箱
RSS
 

あなたの知らないサラダオイルの真実(6)

初めてご覧になる方は、ご興味のあるタイトルのシ
リーズの(1)からお始めになればご理解がより進
むものと思われます(@_@;)

今回のシリーズ(1)で、「サラダ油は体内で炎症
を起こすから、タチの悪い油だといえます。」と述
べました。

ところで、この“炎症”とは何でしょうか?
ウィキペディアによると「生体が何らかの有害な刺
激を受けた時に免疫応答が働き、それによって生体
に出現した症候である。」とあります。

簡単に言えば、「危険信号に身体が反応して始まる現
象のこと」と思います。ここが異常だよと、黄色い
信号、赤い信号を出しているのです。

先日、NHKスペシャル「あなたもなれる“健康長
寿”徹底解明 100歳の世界」をご覧になられた方
も多いのではないでしょうか?

そこでのキーワードは「慢性炎症」でした。どうや
ら現代人は身体中に炎症が起こっているらしいので
す。しかも慢性的に体内が“燃えて”いる!

炎症は老化の元凶であり、血管や内臓や脳が炎症
を起こせば病気になります。

そして慢性炎症が細胞老化や免疫力の低下に繋がっ
ていく。であるならば、炎症をなくすことが、100
歳長寿、センテナリアンへの道ということができそ
うです。

そのためにも、まずは「脱・サラダ油」を!
そして「脱・トランス脂肪酸=植物油脂、パームオイル」※
を!

※世界一安いパームオイルは「アブラヤシ」というヤシ
の木の種類から採れる油。ヤシは3000種以上もある
そうですよ。ショートニング、マーガリンの原料です。

日本初!ノー白砂糖&ノートランス脂肪酸宣言の店 【夢のまた夢】店主ブログ

つづくーまだ、あぶないサラダ油の話あります!

ページトップへ