• カートを見る
  • マイページへログイン
  • ご利用案内
  • お店案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
栗乃宝石箱
RSS
 

あなたの知らない[甘]の真実(1)

初めてご覧になる方は、ご興味のあるタイトルのシリーズの(1)から
お始めになれば、ご理解がより進むものと思われます_
(._.)_

予防医学の時代に、「予防食育」の立場から夢
のまた夢店主・池田吉郷(ヨシサト)が発信!

「甘」についての話に戻します。
今日は、「希少糖スイーツ」専門店としての立
場で、《希少糖》を摂取することで一体どんな
メリットがあるのかをシェアーしたいと思いま
す。

まず、希少糖とは、“自然界に極微量しか存在
しない糖”ですと紋切り型のご説明をさせてい
ただきます。(笑)
そもそも稀少糖は、本州中部以西、四国、九
州に分布している「ズイナ」という葉っぱに
含まれていることが分かっていました。

しかし、ズイナから直接抽出するには膨大な
費用がかかります。おそらく1gあたり数十
万円になるのではないでしょうか?

そこで、以前から希少糖に注目していた、香
川大学の何森(いづもり)健教授(現在は名
誉教授)は学生たちに日本中の土を集めさせ
ました。30年以上前のことです。
何故かと言うと、「触媒」として土の中に生き
ている微生物がもっている「酵素」
に注目を
したからです。
量産化には、触媒といって、化学変化を起こ
す、魔法のようなものが必要です。
例えば、水素と酸素の混合ガスだけを熱して
も何も起きないけれども、触媒として銅を入
れると両方のガスは化学反応を起こして「水」
になるようなことです。
水を作るのに銅が必要だとは、不思議ですね!
それはともかく、このように、水をつくるに
は「銅という触媒」が必要である、というこ
とを発見しなければなりません。
それには、一つひとつ確かめるほか、方法が
ないのです。途方もない作業です。
以来、10年間、何森教授らは学生らの手を
借り日本中の土を採集し、その土壌菌から酵
素を取り出し、希少糖の触媒になるかどうか
を、研究していたのです。嗚呼、触媒、触媒!!

日本初!ノー白砂糖&ノートランス脂肪酸宣言の店 【夢のまた夢】店主ブログ
つづくーさらに希少糖について面白い話を!