• カートを見る
  • マイページへログイン
  • ご利用案内
  • お店案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
栗乃宝石箱
RSS
 

あなたの知らない《希少糖》の話(2)

初めてご覧になる方は、ご興味のあるタイトルのシリーズの(1)から
お始めになれば、ご理解がより進むものと思われます_
(._.)_

予防医学の時代に、「予防食育」の立場から夢
のまた夢店主・池田吉郷(ヨシサト)が発信!

希少糖の量産化に必要な触媒になる酵素を探す
ため、何森教授らは学生らの手を借り、全国か
ら約5000か所の土を集め、大学の研究室でそ
の検体の変化を研究していたのです。

それはただひたすら顕微鏡を覗くという辛抱強
いというか、ある意味勇気がいる仕事です。
・・・しかし、努力もむなしく、触媒となるよ
うな酵素は、その中からは発見することは出来
ませんでした。

10年後、長びくバブル景気崩壊の後遺症もあり、
当時は山一證券が破綻するなど暗い空気が日本
中を覆っていました。

そんな中、一筋の光明が香川大学農学部の研究
室に降りてきました。
何と!香川大学農学部の食堂の裏庭から採取し
た土の土壌菌から「ある酵素」が、希少糖を増
加させていたのです!ついに!!驚きです!!!

大学の敷地から、正確には土壌菌の中から、希
少糖を増加させる「触媒になる酵素」が発見さ
れたのです!!!
きっと神様が、その志を見抜き、一番近い場所
に、そっと用意しておいてくれたに違いありま
せん。

実は、同じような発見秘話をボクは、もう一つ
知っています。それは“世界のバイオ”として
知られた林原研究所が発見した「トレハロース」
です。
ご存知の方もいらっしゃると思います。このト
レハロースは。学術的には、2種類の水分子を
もつ高純度含水結晶です。難しい話はやめて、
簡単に言うと天然の甘味料なんです。

分かりやすい話をします。干しシイタケや乾燥
ひじきを水に戻すと、膨らんで元の形に戻りま
すね。この力がトレハロースなんです。ボクた
ちの身近な食品にたくさん入っています。

このトレハロースの量産化には、同じように酵
素の発見がカギでした。それで、その酵素を持
つ土が、どこから見つかったと思いますか?

それは林原研究所の裏庭から発見されたのです!
神がかっている(*^_^*)

ちなみに、希少糖の量産を可能にした酵素には
「DTE」と名づけられました。

日本初!ノー白砂糖&ノートランス脂肪酸宣言の店 【夢のまた夢】店主ブログ
つづくーさらに希少糖について面白い話を!