• カートを見る
  • マイページへログイン
  • ご利用案内
  • お店案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
RSS
 

店主実践の「富老超寿・健幸法」(13)

初めてご覧になる方は、
シリーズ(1)からお始めになれば、
ご理解がより進むものと思われます_(._.)_

予防医学の時代に、「予防食育」の立場から
《夢のまた夢》店主・池田吉郷(ヨシサト)が発信!

昨秋から始めた毎日発信のブログも
今日で、丁度100回目!
お読みくださって、
本当にありがとうございます(*^_^*)

そこで今回はその100回の記事で、
特にマークしてほしいところを数回にわたって
ピックアップしてみます。

●「食とは生命力ありき!」

●フルボ酸は、糖化によって
蓄積されたAGEsを輩出する

●栄養素を木材や瓦等の「材料」に、
また酵素を「大工」さん、ビタミン・ミネラルを
カナヅチやのこぎり等の「道具」に例えて
説明することがありますね。
ビタミン・ミネラルの活躍で「酵素」が活性化し、
栄養素が活かされるわけです。

●カルシウム不足は、殆どの病気に
関連するといっても過言ではありません。

●60兆の細胞の中にあるミトコンドリアを
丈夫にする成分が珪素だからです。

●一言でいうと、珪素は「強い血管を作り、
血液をサラサラにする」ために必要なんです。

●朝一番の儀式はレモンウオーターをごくりです。

●現在は口径よりも100倍効果があるという
水素水風呂を愛用です。

●『細胞さん、ミトコンドリアさん、いつもいつも
本当にありがとうございます。』と感謝の言葉を、
それに投げかけつつ、ごくり、ごくりと
飲み干します。

●ボクは食とは「感謝食」が一番大事なことだ
と思っています。

●京都大学大学院の森谷敏夫名誉教授は、
「ダイエット法の中で、私が一番危険と
思っているのが、糖質オフダイエットです」
と結論付けています。

●極端な糖質制限は、低栄養性脂肪肝を
引き起こすことがあります。

●糖質制限は健康法ではなく、
「緩慢たる自殺法である」そのことを
見抜いて頂けたらと思います。

●糖質制限をすると、血管に悪玉コレステロールが
溜まっていく。その結果、血管が傷んだり、
老化が進んだりして、脳梗塞や心筋梗塞を
起こす可能性がどんどん高まっていくんです。

●石原結實医学博士が「糖こそ、
人体60兆の細胞のエネルギー源であるばかりか、
脂肪、タンパク質を作り出す元の物質になる。
つまり生命の“元の元”、根源的な、生命にとっての
最重要物質である」と結論づけています。

●糖質制限すると短命になるとのこと!!!
命に関する、大事なことを真剣に取り上げています。
糖質制限に関しては、とくに『危ない!』と
専門家の領域をいわば極めた医学博士たちが
口をそろえて、また勇気をもって発言しているのです。
言葉は悪いのですが、糖質制限を言い出した
前述の街医者のクラスではありません。

●糖質制限は、将来における心臓病、脳卒中、
骨粗しょう症、ガンや血液疾患のリスクが
増大する可能性が多くの医師から指摘されています。

●「人類史上、糖質制限をして100寿歳
(センテナリアン)を達成した人間はだれもいない」

日本初!ノー白砂糖&ノートランス脂肪酸宣言の店 【夢のまた夢】店主ブログ
さらに、店主実践の「富老超寿・健幸法」へ

ページトップへ