• カートを見る
  • マイページへログイン
  • ご利用案内
  • お店案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
栗乃宝石箱
RSS
 

ボクが実践する「富老超寿・健幸法」(16)

初めてご覧になる方は、ご興味のあるタイトルのシリーズの(1)から
お始めになれば、ご理解がより進むものと思われます_(._.)_

30年このかた、風邪ひとつひかず医者知らず
の店主・池田吉郷(ヨシサト)が毎日発信!

過去100回のブログからボクが特にセレクト
したものは、長めで、これが最後になります。
次回からは通常のあなたの知らない健幸情
報に戻ります。

●京都大学大学院の森谷敏夫教授もTV
「世界一受けたい授業」に出演して糖質制
限の弊害を訴えました。

●「糖質は摂らないほうが良いと言う医者が
いますが、これは大きな間違い。そもそも医
学部には栄養学を学ぶ機会がないので、食
生活に関する知識が不足している医者が多
いんです。」

●脳を動かすエネルギーは100%、『糖』だと
いうことです。

●痩せたのは脂肪が落ちたからではなく、体
内の水分が無くなっただけなんです。糖エネ
ルギーが不足すると、それを補うために、筋
肉を分解してアミノ酸に変えて脳に送ります。
その時に水分を使用するので、体重が落ち
るんです。でも脂肪は減っていない。

●医学博士の立場でありながら、糖質制限の
被害にあった日比野佐和子院長の体験では、
続けているうちに常に体がしんどく、眠気が抜
けない状態が続くようになりました。そしてあ
る朝、目覚めると右半身がピクリとも動かなか
ったのです。脳梗塞の前の段階、一過性脳虚
血発作の症状でした。

●今ならこのダイエットが腎臓や肝臓、血管など、
さまざまな部位に障害を引き起こす可能性があ
ると分かっています。

●年齢が上がるほどリスクも上がる。高齢者で
あれば死に至ることも十分あり得るでしょう。

●医学界の大御所・石原結實(ゆうみ)医学博
士が、ついに「もう我慢ならぬ」とばかりに、軽
薄な糖質制限論に鉄槌を下した本が『糖質制
限は危険!』です。

●「糖は老化を促す」「人類は肉食動物」「ガン
細胞は糖を好む」等と勘違いばかりの糖質制
限を言い出した江部、夏井両医師の主張をこ
とごとく徹底論破!

●糖質制限食の危険性はハーバード大学から
も発表されていると。
「糖こそ、人体60兆の細胞のエネルギー源で
あるばかりか、脂肪、タンパク質を作り出す元
の物質になる。つまり生命の“元の元”、根源
的な、生命にとっての最重要物質である」と結
論づけています。
糖質制限すると短命になるとのこと!!!

●岡本卓医学博士の著書「糖質制限はやめ
なさい!」では、ワールドワイドな視野で、糖質
制限が原因で心血管病、糖尿病、心臓病、ガ
ン、認知症、骨粗しょう症、死亡率を高めると
いうような因果関係を文献で医学的に示して
います。

●その中で5年以上糖質制限を続けた人を調
査した結果、死亡率が20%も上がっていたと
いうデータが出たそうです。

●豊富な実績と定評のある著書の多さで知ら
れる豊富な実績と定評のある著書の多さで知
られる食のジャーナリスト兼栄養士の幕内秀夫
氏は「糖質制限礼賛」を言い出した江部康二、
夏井睦医師(開業医)たちの主張に反論。

●人類史上、糖質制限をして100寿歳(セン
テナリアン)を達成した人間はだれもいない」

●上記の医師はエスキモーを礼賛しているが、
「彼らの寿命は40代で、短命である」と歯切れ
よく糖質制限食の理論に反撃を加えています。

●2次大戦中にドイツのアンリ・ランペール教
授が、熱いお風呂に入る習慣のある日本人の
癌の発症率が他国と比較し20倍も低い事に
注目して、癌や腸チフスをの治療法を研究して
いたという、有名な話があるくらい癌は珍しかっ
たんです。

●それが、どうでしょう、将来は2人に1人が
癌になるというおかしな国になり下がりました。

●現在は毒入りの“食”がコンビニ、スーパー
にパン・菓子、加工品として蔓延しています。
原因はなんでしょう?それは自分で食をつく
らない人々が増えているからです。

●免疫ビタミンLPS(リポポリサッカライド)を
豊富に含む「発酵ライ麦パン」と最強の相乗
効果を生む「R-1ヨーグルト」のコラボが最幸!
(これは詳しく、後日ご説明します)

●悪玉菌のエサは?なんでしたっけ?
肉です!肉お好きですよね〜(笑) たまに
はいいですよ♪ボクも週1、2回は豚肉を口に
しますよ。 その他のタンパク質の摂りすぎ
糖分の摂りすぎ 動物性脂肪の摂り過ぎ
こう見てくると、糖質制限論者の言っているこ
との、見落としていることが分かりますね。

●タンパク質の摂りすぎは、悪玉菌を増やすの
で、「健幸の秘訣」から、大きく外れることにな
るからです。

●そういえば、最近、糖質制限を実践していた
著名人の方々の訃報が絶えません。逆に一般
人の方々の負の情報は隠れていて見えません
不気味です。


●ガラクトオリゴ糖がとくにビフィズス菌を他の
オリゴ糖よりも増やすということです。

●成人の大腸内にいる善玉菌の99.9%以上は
ビフィズス菌により占められています。

●ビフィズス菌にも30種以上の種類があり、
それぞれオリゴ糖の好き嫌いがあるところが
面白いところで、単一のビフィズス菌よりも、
複数のブレンド型のオリゴ糖の方が、ビフィズ
ス菌は活性しやすいことになります。

●活性酸素の弊害は広く知られる昨今ですが、
実際は、活性酸素そのものというよりも、むしろ
活性酸素と脂質が反応してできた「過酸化脂質」
こそが「身体のサビ」の主因であると考えられて
います。それで脂の質が重要なわけです!

●そうです!実は骨や歯は、体内のカルシウム
濃度を調整するための“貯蔵タンク”として重要
な役目を担っているわけですね。

●このように中和するためのカルシウム・タンク
としての骨や歯からカルシウムを奪うから、白
砂糖につけられた別名が「カルシウム泥棒」と
いうことになります。

●白砂糖の製造方法について、「そんなこと考え
もしなかった」という方がほとんどだと思います。
それはサラダオイルの製造法についても同じでし
たね。誰もそんなに身体にとって悪い食品だとは、
はなから思っていないのです。だから平気で商品
を疑うことなく買っちゃいます。

●極楽トンボ!(@_@;) じゃないんです!ただ、
正しい食育知識を知らないことが原因なのです。

●トランス脂肪酸の摂取量が多い男性ほど、精子
濃度が低い、精子数が少なくなるという研究報告は
世界から発表されていて、・・・性欲が落ちてしまう
可能性が大きいらしいのです。


●こう考えると、セックスレスと国民医療費の増大と
は相関関係がありませんが、ものごとの重大性か
ら言えば、はるかにこの問題の方が大きいですね。
少子化、日本国家の弱体化につながるからです。


日本初!ノー白砂糖&ノートランス脂肪酸宣言の店 【夢のまた夢】店主ブログ
さらに、ボクが実践する「富老超寿・健幸法」へ