• カートを見る
  • マイページへログイン
  • ご利用案内
  • お店案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
栗乃宝石箱
RSS
 

ボクが実践する「富老超寿・健幸法」(36)

初めてご覧になる方は、ご興味のあるタイトルのシリーズの(1)から
お始めになれば、ご理解がより進むものと思われます_(._.)_

30年このかた、風邪ひとつひかず医者知らず
の店主・池田吉郷(ヨシサト)が本音で発信!

もしかしたらあなたの知らない角度で塩の話を
続けます。
終戦後GHQが日本を占領した頃、日本が二
度と白人列強に立ち向かわなくさせるために
「日本弱体化政策」を敷き、その一つに「塩 専
売法」
が公布され、日本専売公社が誕生しま
した。
具体的には、海水の電気分解でつくるNaC l
99,9%の「食卓塩」以外の“製塩を禁じる”とい
うものだたったのです。つまり、米軍は、日本
人から自然塩を奪ったわけですね。
それは、なんと、終戦から40年、1985年まで
続いたのです。厚生省よお前もか!

しかもその後に、国(日本専売公社)は当時
国に26あった塩田を全部廃止
したのです。
嗚呼!戦後の左翼的官僚支配はここにも及ん
でいた!
海から自由に塩を作るのは禁止。「化学塩」だ
けを「食塩」として、これを使いなさい、食べな
さい。といういうものだったのです。

インドのガンジーがイギリス植民地政府によ
る塩の専売に反対し、製塩の為に約380km
を行進した抗議行動は、後世“塩の行進”とし
てよく知られています。
このように戦勝国は、敗戦国の塩を押さえる
わけです。植民地政策のための常套手段です。

さあ、あなたはどれだけ塩を重要視していま
すか?じつは塩は免疫力にかかわる大事
な、大事な食財
なんです。結構、このことを
知らない方は多いですね。

おもいっきりテレビでおなじみの医学博士・
イシハラクリニック院長 石原 結實 ドクター
いわく、塩は高血圧や脳卒中の原因になる、
というのは間違いで、むしろいろんな病気
予防や健康増進に役立つという研究論文が
出て来ている。と。
また、塩分摂取の多い人ほど、心臓病や脳
卒中等の病気による死亡率が低いという結
果が明らかにされてきています。と。

塩は、体を温めて、免疫力を強化し、心臓の
筋肉や四肢の筋肉の収縮力や神経伝達に
かかわり、血液やリンパ液などの体内の浸
透圧を一定に保つ。このように、健康の維持、
増進には不可欠の栄養素だといいます。

とくに近年、低体温化することにより、ガン、
アレルギー、膠原病、高脂血症、糖尿病な
どの現代病に悩んでいる日本人にとっては、
体を温める作用のある塩は「最高の治療薬」
になる可能性すらあるとのことです。

現代の医学や栄養学は、塩を健康の敵とばかり、
目の敵にしています。
それは前述しましたような塩の負の歴史がある
ことが原因です。
戦後、塩で身体がボロボロ近くになった結果、
塩は悪いという空気がありますが、それは化
学塩だったからなんです。

さあ!いい塩を手に入れて健康管理&増進
にお役立てください。

「最高の治療薬」をボクは2点提案しましたよ♪

日本初!ノー白砂糖&ノートランス脂肪酸宣言の店 【夢のまた夢】店主ブログ
さらに、ボクが実践する「富老超寿・健幸法」へ