• カートを見る
  • マイページへログイン
  • ご利用案内
  • お店案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
栗乃宝石箱
RSS
 

ホワイトデーのスイーツ通販なら【ダーク100チョコレートの宝石箱】

ホワイトデー特集
ホワイトデーといえば、マカロンもいいのですが、
何といってもチョコレート!
このチャンスに女子だったら迷わず
【ダーク100チョコレートの宝石箱】を
「これ!」と選ぶことでしょう(笑)

理由はチョコレートが大好きな女子なのですが・・・

大半のチョコレートの難点は
白砂糖が大量に含まれていること。いわば“白砂糖の塊”なんでね!

だから・・・

多くの場合、チョコレートを食べたら罪悪感が残るというわけです。

そういうことが嫌で、88%とか75%とかの白砂糖が少ない
チョコレートを買うのが乙女心なんです。

それでも、猛者(笑)は100%ダークチョコレートに
挑戦するのですが・・・
その、あまりにもの苦さ・不味さに挫折感を
味わうのです。
失望感でしょうか?

健康や美容にいいからと頑張って
「100%ブラック&ダークチョコレートをトライする」
この気持ちは普通の男性には永遠に解らないでしょう(笑)

ところが、ホワイトデーでもてるオトコは
そこら辺の女子の心理をキッチリと把握!
ニクイです!!

そういうところでもてる、もてないの差が付くなら、
男として生まれて来て損(笑)ではありませんか?

ところで、【ダーク100チョコレートの宝石箱】は
100%ブラックチョコレートを使用しているのに、
「どうして苦くないの?どうして不味くないの?」
と言う素朴な貴方の疑問にお答えしましょう!

いよいよ本筋です(笑)

不思議と言えば、不思議ですよね〜!
それは「スイーツの女神がほほ笑んでくれたから」
というしか、ご説明の仕方がないというのが
正直なところです。

まず宮崎県の「黄金金柑」との出逢いが
あったのが始まりなんです。

柑橘系のくだものとチョコレートは、
そもそも相性がいいので、
なんとなく金柑がいいのではと思っていたのですが、
こんなに相性がぴったりだなんて!

この「なんとなく」という感覚をスピリチャル系では、
守護霊からのインスピレーションという説が大半です。
話がそれました(-_-;)

ただ、金柑をそのまま使うのではなく、
希少糖に漬け込んでから使用するという
ひと手間かけた工程を経て、
「希少糖漬け黄金金柑」ができるわけですね。

それで、その黄金金柑とダーク100%チョコレートの相性が
ばっちりというわけなんです!

ダーク100%チョコレートの
・苦さ
不味さと希少糖漬け黄金金柑の甘さ
・ほろ苦さ
本当に絶妙に、マッチングするのです!

「絶妙」という言葉はこのケーキの場合にこそ
使いたいという想いが突き抜けてまいります。

しかも製造過程で「黄金金柑」と
「ダークチョコレート100%」が
なんと四層のレイヤー状態になって
創られているのです!!!!!!!
丁寧に丁寧に手づくりで四段のレイヤー(断層)
状態です!

それであり得ないお洒落なケーキが誕生したというわけです。
そこには人知を超えた、天の采配があったと思われます。

あらゆるスイーツつくりのパテシエが挑戦しなかった
ダーク100%チョコレートという領域。

いわば踏み込んではならない領域というか
食材を使っての成功は、
困難であったからこそ、
きらめきをもって世の女性のために
燦然と輝いているのです!
(けっしてオーバーな表現ではありませんよ!)

もうお分かりでしょう!

そのくらい圧倒的にホワイトデーに人気が高いのが、
このおしゃれなチョコレートケーキなんです!

(ここだけの話、『夢のまた夢』のホワイトデー売上実績も
クリスマス商戦に次ぐ、なんと第2位に輝くほどの
人気なんです!)

以上、ご説明してまいりました通り、
「ブラック100%、ダーク100%チョコレートを
美味しく罪悪感なくお洒落に食べたい!」
というのが乙女の夢なんですね!!

でもホワイトデーというこの日は選ぶのは殿方。
いわば男性の“意思決定権”に委ねられているわけです。
ぜひ、そういう切ない女子の感情を
くみとって上げてくださいな!

“スイーツの女神がほほ笑んでくれた”

この【ダーク100チョコレートの宝石箱】を
お気に入りの女子にホワイトデー・プレゼントするチャンスは、

そう!今です!!

出来る男はホワイトデーという最大のチャンスを生かす!!!
悪いことは言いません。売り切れる前に、そう!今ですよ!!

今年のホワイトデーこそ、貴方にスイーツの女神が
ほほ笑んでくれたというご報告をいただけることを
『夢のまた夢』スタッフ一同期待しております(笑)

PS:ご存知ですか?この【ダーク100チョコレートの宝石箱】は
「心と心を結ぶ接着剤」だということを!
・・・知らなかったら、記憶に留めておいてくださいね!(笑)

ページトップへ