• カートを見る
  • マイページへログイン
  • ご利用案内
  • お店案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
RSS
 

高級スイーツの通販なら高級和菓子【黒滋(くろじ)】

世界初の“医食同源”羊羹【黒滋】は、
あり得ない“メディカルスイーツ”として
六本木の健幸スイーツ専門店【夢のまた夢】によって
開発されました。

新しい時代の高級スイーツとして、

健幸意識の高いあなたに、

イチオシの逸品です。


高級スイーツ【黒滋】

そもそも医食同源とは、病気の治療も食事も共に
生命を養い健康を維持するためのもので、
その源は同じであるとする考え方にもとづいています。

このように【黒滋】は、スイーツ界における
新しいカテゴリー、「メディカルスイーツ」
という分野を確立すべく、ここに発表します。

人生百年時代と言われる昨今、
実は《夢のまた夢》開店時に、
『富老超寿』という造語を創り、
今日まで提唱してまいりました。

百寿を超えても豊かで美しい人生、
QOL(クオリティオブライフ)の高い人生を
謳歌していただきたい、という店主の
願いをこの四文字に託したわけです。

店主自らその詩を創作し、揮毫したものがこれです。
↓↓↓

四文字を補足する意味はこちらです。

『心を正し天意通じれば、富は無限なり
夢、青春にして老いを跪(ひざまづ)かす
我執を超え、心は愛と感謝で円満なり
百寿涅槃にして、世の一隅を照らさん』

このように健幸スイーツを口にすることで、
日々健幸になり、百寿を超えて、
豊かで美しい人生を謳歌していただきたい!
という“念い”が先ず最初にあったのです。

「スイーツを食べて健幸になる!」

そのようなあり得ないことを
ず〜っと考えていたのです。

・・・あれから11年経ち、
その“念い”がやっと“カタチ”として
【黒滋】が出来上がって来たという、この不思議さ!

考えてみれば、必ず『思考は現実化する』のですね。
その実証を今、手に入れているというリアルな喜びがあります。

それでこのあり得ない医食同源・メディカルスイーツである
【黒滋】の考えを多くの方へ知っていただくためには、
まず、ヘルスコンシャスな意識の高い方々へお届けし、
しかも、その際に罪悪感が生じたら、
御代金を返金する保証を付けることにいたしました。

「全額返金保証」のスイーツです!

これも世界で初めてのことになります。

さて、日本独特の言葉に、“験を担ぐ(げんをかつぐ)”
というものがありますように、
あるいは吉日を選ぶという意思行動もあるように、
私たち日本人は知らず知らずのうちに、
目に見えない力を味方につけたいというような意識に
支配されているのかもしれません。

そのようなことが顕著に現れる場面の一つが
ご贈答の時かと思われます。

“黒滋”は“黒字”に通じる言葉として、容易に連想できるので、
吉兆なものごとをよしとする私たち日本人には
“なんだか”験のいい良い気分がするというような
ネーミングではないでしょうか?

“黒滋”と言う言葉自体は、
過去においても、漢字・漢和辞典にもその例はなく、
全くの創作、オリジナルな言葉(商標登録済)です。

それでかつ、意味はなんとなくイメージができて、
通じるところがおもしろく、
私たちはスイーツの神様から与えられたこの“新語”を
大事にしていきたいと思っています。


この後の話は、何かのご参考になれば幸いと思います。

実は、店主はかなり昔から
「ネーミングで世の中を変えられる」
という妄想に憑りつかれていたのです。

世の中を変えることができたネーミングとは、
たとえば「無印良品」というネーミングがあります。

当時、コピーライターの間でも
かなりもてはやされた成功例で、
今やレジェンドですね!

とにかくスイーツ界で時代を画するような
ネーミングを創作したいという
想いの火を絶やさずにいたのです。

そんな執念の末に生まれたのが
【黒滋】というネーミングです!!!

完熟発酵黒にんにく、黒大豆、黒糖と黒づくめで、
“滋養のかたまり”というような意味なのですが、
何となくそういう意味が伝わってくることが
不思議な言葉です。

そう思われませんか?

もらったら縁起がいいとか、験がいいとか、
とにかく嬉しくなるようなネーミングです。

あるいは、プレゼントした相手に
「いいものを頂いたな〜!」
というような印象が残るというか、
恩義を感じざるを得ないようなネーミングなんです。

とくにビジネスシーンで、会社対会社の取引を
円滑にするパワーがあるようなネーミング!
なんと言っても黒字ですからね!(笑) 

そういう意味で高級スイーツ【黒滋】は、
贈答品を選ぶ企業の秘書さんたちに愛されるギフトというか、
愛されるアイドル的なキャラクターとしてありたいと思っています。

「ネーミングも味の内だな〜!」
とのお客様の言葉が聞けると嬉しい!笑

ページトップへ