• カートを見る
  • マイページへログイン
  • ご利用案内
  • お店案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
RSS
 

最善最幸主義の店主が選ぶ食財(6) カルピス発酵バター

『カルピス発酵バターのこと』

バターへのこだわりは、その昔、仏文学者の朝吹登水

子さんから、フランス土産にいただいたサブレから始ま

ります。 ボクはそのバター味が忘れられなくなり、それ

以来、本場の味を追いかけてきました。

そもそもヨーロッパではバターと言えば、発酵バターが

一般的。発酵バターはクリームを乳酸発酵させてから

作るバターで、ヨーグルトのような軽い酸味があり、独

特の軽さ、脂気を感じさせないというか、まろやかであ

りながらコクがあります。 日本のバターとは別物という

印象で、ボクのイメージとしては日本のバターは黄色、

フランス産は白色です。

(近年、バターに関する認識が激変しています。医学、

栄養学界でコレステロールが悪者扱いにされてきた歴

史が終わり、細胞組成に必要な栄養素として、また脳

卒中予防効果も認められ再評価されているのです。

50年間も油脂一筋に研究をしてきた名古屋市立大

学名誉教授・奥山治美農学博士()「本当は危ない

「植物油脂」に詳しく。・・・人生のほとんどを油の研究

に捧げられた博士の研究成果に脱帽!!!)

以来、最もフランスのバターに近いバターを探しまわり、

結局行き着いたところが、「カルピス発酵バター」でした。

しかし当時は製造制限があり、残念ながらこのあこが

れの食財を使うことができませんでした。 その後5年

のときを経て、ボクが推進するスイーツ革命のおもい

が天に通じたのか、カルピス発酵バターを使えることに

なり、長年追いつづけてきた夢がついに叶ったのです。

なんて幸運なこと!

・・・いかがでした?

「理想の理想」という意味の店名【夢のまた夢】が追求

するテーマ健と美とのスイーツをつくりだす元が、以

上のような食財さがしにあることをご理解していただけ

たでしょうか?

「理想の理想」の食財はどこにあるのだろう?ワクワク

するような楽しさが原動力。子供のような心で、ボクは

今でも夢を追っています。

その情熱は今も変わりません。はばかりながら、ボクが

最幸最善素財主義と口にする所以です。

店主 池田吉郷 拝

日本初!ノー白砂糖&ノートランス脂肪酸宣言の店 【夢のまた夢】店主ブログ

ページトップへ