• カートを見る
  • マイページへログイン
  • ご利用案内
  • お店案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
栗乃宝石箱
RSS
 

最善最幸主義の店主が選ぶ食財(4) 卵

『卵について』

セイアグリーの卵は、日本で値段が一番高い鶏卵です

(小売で10個500円ほど)。 能登半島の卵博士・伊勢

豊彦さんの壮絶な卵人生から生まれた、文字通りの傑

作です。

そのやり方は独特で、「オールイン、オールアウト」とい

って、一斉に鶏舎に入れて飼養した後、(オールイン)、

一斉に出荷し(オールアウト)、鶏舎を空にしてキレイに

水洗・消毒。1ヶ月おいたのち、再び雛を鶏舎に入れる

飼養方式をいいます。 この遊休期間が、抗生物質、

サルファ剤、抗菌剤など薬品添加をする必要のない清

浄な農場に保つのだそうです。

この手間ひまかかる方式がサルモネラやその他の病

原が常在しない清浄さを保っているシステムです。

らに親鶏がより安全に健康を保つために、鶏舎のある

農場を15ヶ所に分散するという念の入れ方です。

実際、伊勢豊彦さんの卵は、開業以来、サルモネラ菌

に一度も汚染されたことがない「健康卵」(登録商標)と

して知られています。

野放し飼育が良いのでは?との質問もあるそうですが、

野放し飼育は鶏同士が縄張り争いでケンカをするので、

ストレスが多くなり、美味しい卵ができないのだそうです。

ですから、理想的な育て方なら鶏舎飼いの方が優れて

いるということになります。

一方、卵の洗浄については誤解があります。卵はクチク

ラという蛋白質の膜でおおわれて、守られています。クチ

クラは空気を通しますが、カビや細菌を通しません。しか

し、水に弱く、汗をかかせると簡単にとれてしまいます。

ですから、クチクラの神秘的で偉大な力を活かすには、

卵は洗ってはいけないのです(洗浄する卵メカーもあ

りますが、卵博士によると邪道だそうです)。

ご説明したかったのは、【夢のまた夢】が使っている卵は

直前まで活きている卵です!ということ。単純にいえ

ばそういうことです。 これはサルモネラ菌の心配がな

いセイアグリー・システムだからこそ、できるワザ。いや、

伊勢豊彦さんの情熱あればこそです!


日本初!ノー白砂糖&ノートランス脂肪酸宣言の店 【夢のまた夢】店主ブログ

ページトップへ