• カートを見る
  • マイページへログイン
  • ご利用案内
  • お店案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
RSS
 

六本木のお土産人気スイーツなら《夢のまた夢》

六本木には美味しいスイーツの店や、
お土産で人気の店がいっぱいありますが、
いざ、ユニークな健幸スイーツとなると、
果たしてどうでしょうか?

そもそも六本木土産としての意味はなんでしょう?

都心の激戦区・六本木で商品の輝きを放つことは、
それだけでも大変です。

それで商品ではなく、
「それだけで存在感をはなつ作品でなくては」
と思っているのです。

それは唯一無二、どこにも売ってないという
ユニークさをもった作品です。

具体的には・・・

(1) センセーショナルであること
センセーショナルとは、そもそも
驚かしたいというような茶目っ気が
店主のボクにあるからなんです ^^

サプライズ感覚ですかね。
元々そういうことが好きなんです!

サプライズ感のあるスイーツこそ、
六本木に相応しいスイーツなのではないかと
思います。

(2) 前代未聞であること
前人未到と言ったら、オーバーになります。
ただ、そういうことになるように目指しています。

そんな偉いことをしているわけではないので、
そうだとは言い切れませんが、
他の人々がやらなかったことをやりたいのです。

マネは嫌いです!
独自の世界を歩んで行きたいのです。

(3) 「富老超寿」につながること
この言葉はボクの造語ですが、
同時に生涯を貫く言葉です。

意味は百寿を超え、QOLの高い豊かな
美しい人生を謳歌すること。

そういうスイーツの作品で埋め尽くしたいなぁ!

(4) 人類の進化に役立つこと
社会や人々の役に立たずして
なんの意味があるのでしょう?!

社会に刺激を与え、人々が活性化するような
作品を創りたいのです。

大きく言うことを許していただければ、
人類の進化に寄与するようなものを
クリエイティブ・クラスの人間の一人として
創りたいのです!

以上のような気概をもって、
六本木でスイーツを創り続けて
早や11年が過ぎました。

《夢のまた夢》のセンセーショナルな
健幸スイーツづくりは、すべてが上手く行って、
やり過ごしてきたという訳ではありません。

それどころか逆です。
困難至難の山々です。
いわばイバラのような道です。

さて、どこにも売っていないスイーツということは、
ここ六本木でしか買えないスイーツである
という意味になります。

かつては、東京駅様、品川エキュート様、
東急デパ―ト様、羽田空港様へ季節の催事店として
出店させていただいたことがあります。
また、都内の複数のデパートから出店要請を
いただいたこともあります。

ありがたいことです。

しかし、理由があって、
丁寧にすべてお断りさせていただきました。

理由はこうです!
健幸スイーツは本当に需要があるのに、
余りにもユニークだから、同じ売り場の周りの店に
ご迷惑をかけてしますのです。

他にはない「ノー白砂糖・ノートランスファット」
の店だからです。

売り場の調和をかき乱すと言うか、
一店舗だけ「ノー・白砂糖&ノー・トランス脂肪酸」の
スイーツの店があることで、他店の商品が
“不健康スイーツ”になってしまうのです。

独り勝ちと言うか、
独り“いい子”というような
立場に立たされるのです。

つまり売り場の調和を乱す危険性をはらんでいる。
《夢のまた夢》の健幸スイーツには、
そういう難しさがあります。

このように、まぁ、イバラのような道を
歩んでいるわけです。

しかしこれは、六本木のお土産人気スイーツ店で
スイーツ革命を目指している者の宿命。
使命の重さを日々感じています。

六本木のお土産で人気のあるスイーツを
お探しなら、ぜひ《夢のまた夢》を
思い出してくださいませ。

ページトップへ