• カートを見る
  • マイページへログイン
  • ご利用案内
  • お店案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
栗乃宝石箱
RSS
 

魂のスイーツ

どこにもない、夢のようなケーキが《夢ケーキ》 

魂を込めているといったら大袈裟でしょうか? 

                                 

10年もかかった構想、

当時、飲食プロデューサーであったボクは毎日毎日

どこにもないビジネスモデルを考えていました。

10年間で面白い案件を30ほども考えたでしょうか。

しかし、どれもこれもボクは満足できませんでした。

当時、ロクに仕事らしいことをしないで過ごしているかに見えたのでしょう、

そのころ家内は「このひと、燃え尽きてしまったのかしら?」と心配していたそうです。

また5年かけて通った「めいらく波動医科学研究所」。

そのころ、実は食材の波動リサーチに熱を上げていたのです。

波動とは大雑把にいえば「生命力」のことです。

持ち込んだ食材、食品は数知れず。

研究所の皆様には大変お世話になりました。

ボクは「富老超寿」の素になるような

本物でホンモノの食財を探していたのです。

そして、最後に出会ったのが、「種子島蜜芋」だったのです。

“サツマイモの原種”づくりというロマンを求めて

蜜芋をついに完成させた大山隆行氏の芋・・・作品でした。

この芋の尋常ではない波動値の高さに皆、椅子から転がり落ちたものです。

それは、薬事法があるので表立っては言えませんが、

実は「薬効がある」という数値だったのです。

なんと蜜芋一個、一個が薬ともいえる波動値を示したのです。

それはここだけのヒ・ミ・ツです。

魂を込めた壮絶な“卵人生”を歩んでいる伊勢豊彦氏との出会い。

日本に数少ない理想的なノンホモジナイズ製法をかたくなに守っている

ハーレー牧場の月井美好氏との遭遇。

種子島蜜芋に1億円という私財と6年をかけてついに完成させた大山隆行氏。

・・・・みんなみんな魂の所産です。

すべてが偶然ではなく、星の運行のごとく現れ、

【夢のまた夢】という実を結んでいったのです。

これが、今、開店後三年経って初めて明かす真実のストーリーです。