• カートを見る
  • マイページへログイン
  • ご利用案内
  • お店案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
RSS
 

最善最幸主義の店主が選ぶバター(1)

店主は40年以上、飲食店経営や

飲食系コンサルタント、店舗プロデューサー、

および渋谷区の食育講師を行ってきました。


食材には人一倍厳しい目を持っています。


店主の妥協しない食材の選びのことを

勝手に“最善最幸主義”、

それで選んだ食材のことを“食財”と

名付けました。(笑


そもそもサツマ芋と相性の良い食材は、

バターと塩です。

で、今日はそのバターのお話です。

ボクのバターへのこだわりというか憧れは、

仏文学者の朝吹登美子さんのフランス

土産にいただいたサブレから始まります。

ボクはそのバター味が忘れられなくなり、

以来、本場の味を追いかけてまいりました。

ヨーロッパではバターと言えば、発酵バターが

一般的。

発酵バターはクリームを乳酸発酵

させてから作るバターで、ヨーグルトのような 

軽い酸味があり、独特の軽さ、脂気臭くなく、

まろやかでありながらコクがあります。

あの発酵学の権威、小泉武夫先生の言葉を

使わせていただくと「発酵は力なり」だそうで、

健幸のためにも、ボクは発酵バター派です。

日本のバターとは別物という印象で、

ボクのイメージとしては日本のバターは黄色、

フランス産は白色です。(つづく)

ページトップへ