• カートを見る
  • マイページへログイン
  • ご利用案内
  • お店案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
RSS
 

最善最幸主義の店主が選ぶ食財(1) 蜜芋

店主は40年以上、飲食店経営や

飲食系コンサルタント、店舗プロデューサー、

および渋谷区の食育講師を行ってきました。


食材には人一倍厳しい目を持っています。


店主の妥協しない食材の選びのことを

勝手に“最善最幸主義”、

それで選んだ食材のことを“食財”と

名付けました。(笑

【超こだわりの食財について】

超こだわりの食財のキーワードは「生命力」です。

利便性を追求してきた現代社会に失われたものがある

とするならば、それは生命力だからです。

なんとか生命力を取り戻したい!

店主のボクはそんな夢をず〜っと追っています。

・・・子供のような心で。

『蜜芋のこと』

ボクが渋谷区民学級の食育講師をつとめていたころ、

生徒さんに本当にすすめられるは何か?という、

究極の食品調査のため、五年間、めいらく波動医

科学研究所へ通った結果、運命的に出会ったのが

「種子島産の蜜芋」でした。

・・・今から思えば、そのころはお宝探しに夢中だった

のです(波動とは、単純にいえば生命力のことです)。

カタチも普通のサツマ芋とはちがって、カボチャの

ような溝があるこのサツマ芋は、安納芋の親戚です。

しかし蜜芋は安納芋とちがって、種子島の大山隆行

さんがサツマ芋の原種づくりというロマンを追って

開発した「原種サツマ芋」なのです。

それまでの調査で一番波動値(生命力)が高く、検査員

も、みんなで椅子からころがり落ちるほどの高い数値、

「総合値+15、免疫力値+16」。

結局、この出会いがボクの5年間の波動リサーチに終

わりをつげることになりました。

蜜芋の波動値はどんな野菜、果物、穀物、食品よりも

ダントツに高く、薬事法に引っかかるから表立っては

言えませんが、じつは「+15」以上というのは、「薬効が

ある」レベルの波動値なのです。 (例えば、通常の野菜

トマト、にんじん等などは「+3〜5」くらい。がんばって

作っている有機栽培ものでも「+7〜9」くらい。「+10」

を超える食品はめったにありません。 日本中の土地の

生命力が落ちていることを感じています。)

ボクが探していた食財は、「+15」以上のもの。それで

5年間もかかってしまったのです。

探し、探し求めた結果、運命的に出会った宝の食財。

ボクが持ち込んだあらゆるのなかで、最高の波動

値(生命力)でした。

「これを食財にして、世の中を変える仕事をやろう!」と、

ボクの心はおどり、決まったのです。

日本初!ノー白砂糖&ノートランス脂肪酸宣言の店 【夢のまた夢】店主ブログ

ページトップへ