• カートを見る
  • マイページへログイン
  • ご利用案内
  • お店案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
栗乃宝石箱
RSS
 

あなたの知らないココナッツオイルの真実(1)

ここ数年、ココナッツオイルはモデル、芸能人さん
の間で流行っているというメディアに載って、一種
のブームになっていたようですが・・・・。

ボクの見解は「何か怪しい?」です。
食育講師の立場で、付和雷同の態度はつつしむ、と
いったような感じでした(@_@;)

理由は、単純に言えば、「それなら南国の人々は、
イキイキと活力にあふれ、政治経済も発展し、か
つボクたちよりも長生きするはずなのに、しないの
は何故だろう?」という疑問があるからです。

また2年ほど前にあるドクターの本を読んでいたら、
ココナッツオイルはホルモン系に異常をきたすとい
うようなことが書かれて、気になっていたからです。
・・・大雑把でスミマセン!_(._.)_

ですから傍観視するという態度を貫いて来ましたの
で、ココナッツオイルのお勧めは決してしませんでし
た。もちろん【夢のまた夢】は現在も摂り入れていま
せん。

そのココナッツオイルブームがやや落ち着いてきた
昨今、「性ホルモンの代謝に異常をきたす」という情
報がnetでも上がって来ましたね。「やっぱり!」

端的に言えばココナッツオイルにはダイオキシンに
似た「環境ホルモン」
があるとのことです。
環境ホルモンとは、普段は人体の外にあります。私
たちの周囲、つまり環境にあるので、このような名前
になります。「環境中に存在するホルモンのような物
質」という意味合いで命名されたそうですよ。

したがって人体とは全く関係ない物質です。しかし
それが体内に取り込まれると、人体のホルモンと
似た働きをします。
似た働きとはいっても、本物のホルモンではないの
で、本物のホルモンの働きをかく乱します。こうした
物質を「内分泌かく乱物質」と呼びます。

かく乱物質。・・・これって変な物質なんです。だって、
ホルモンと同じように、ほんの少しでからだの調子
が悪くなってしまうのです。そこらへんがホルモン様
の怖いところです。

さて、その名前は?
・・・次回のレポートで明らかになります。

あ、そうそう、もう一つのデトックス野菜が宿題で
したね。

それは・・・今、超人気になってきたあの野菜。
そうです、
コリアンダー、別名シャンツァイ(香菜)、パク
チーです。

・・・あまりお好きではない?
ではこの際、好きになりましょう!(笑)

日本初!ノー白砂糖&ノートランス脂肪酸宣言の店 【夢のまた夢】店主ブログ

つづくーあなたの知らないココナッツオイルの真実

あなたの知らないココナッツオイルの真実(2)

初めてご覧になる方は、ご興味のあるタイトルのシリーズの(1)から
お始めになればご理解がより進むものと思われます_(._.)_

内分泌系のシステムを妨げる化学物質の名
は、実はまだありません_(._.)_とに角、有害
因子です!
そう、ココナッツオイルには性ステロイドホル
モンの代謝を阻害する有害因子があります。
この有害因子は、性ホルモン代謝で働く5α
リダクターゼという還元酵素※の働きを邪魔
するのです

(※私たちの身体の中でとても重要な役割をし
ている酵素の一つで、「酸化」した酵素に電子
を与えて「還元」する作用の酵素。代表的なも
のに、スーパーオキシドディスムターゼという
酵素があります。細胞内に発生した活性酸素
をやっつけてくれる酵素でSODという名前で
ご存知の方も多いのでは?)

あまりにも専門的になりますので、これ以上の
説明は割愛させていただきますが、とに角、そ
の有害因子は、人間の生殖器の成長に密接に
関わる性ホルモンを変化させます。
端的に言うと、「ココナッツオイルは性ホルモン
の代謝に問題がある」
ということです。

性ホルモンはDNAに作用するホルモンなので
阻害されることにより、性同一性障害(男性の
女性化乳房現象)、性欲減退、勃起不全、ホル
モン異常、不妊、精子異常
などにも関わると考
えられています。

このようなマイナスな面を持った研究は、薬学・
医学会の利権構造の中では広がることは残念
ながらない、と言われています。

(このようなマイナスな面を持った研究は、薬学・
医学会の利権構造の中では広がることは残念
ながらない、と言われています。
利権はどこの世界にもありますね。研究賛助金
などを必要とする大学や医療研究者の方々は、
企業と密接な関係にならざるを得ないのです。
嗚呼、しがらみ社会!

え!性ホルモンに関すること、それって結構大
事なことじゃない!

日本初!ノー白砂糖&ノートランス脂肪酸宣言の店 【夢のまた夢】店主ブログ

つづくーココナッツオイル、もう一回やりますか!

あなたの知らないココナッツオイルの真実(3)

初めてご覧になる方は、ご興味のあるタイトルのシリーズの(1)から
お始めになればご理解がより進むものと思われます_(._.)_

ココナッツオイルを摂取している南国の人々の不妊
や精子異常に関する事例は表面化していませんが、
実際にドミニカのある村では女の子が成長の途中
で生殖器の男性化をはじめ性別が変わってしまう
現象が多く報告されています。なんでも若い女性
が思春期になると、“男の子”に変化するという怪
現象らしいです。(@_@;)

このように、ココナッツオイルは健康効果があると
する一方で、性ホルモンの代謝に異常をきたす

とがわかっています。

女性ホルモンが一生の間に卵巣から分泌される量
は、たったスプーン一杯分なんだそうです。そう考
えると、わずかでもホルモン系は怖いというのがボ
クの偽らざる気持ち!

副腎皮質ホルモンの〔コルチゾン〕というステ
ロイド系ホルモンンの一種で、医薬品として
開発された薬があります。
その強力な抗炎症作用は、難病治療に頼りにされ
る超・特効薬ですが、顔が満月のように膨らむ
ムーンフェイス病等というやっかいな副作用を
引き起こす代物でもあります。(@_@;)

このコルチゾンは、本当かどうかは分かりませ
んが?一生の間にわずか切手一枚の重さしか出
ないホルモンだ、と聞いたことがあります。
ことの真偽は別にして、ホルモンは本当に微量
で、絶大な効果、逆に言えば弊害をもたらす、
ことを示唆しているものだと思われます。

ですから、
正直、ボクは「ホルモン系は怖い!」です。
つまり・・・ボクはココナッツオイルはNGです。

昔から言うでしょう!「君子、危うきに近寄らず」と。
君子とはあなたのことですよ (*^_^*)

日本初!ノー白砂糖&ノートランス脂肪酸宣言の店 【夢のまた夢】店主ブログ

つづくーいよいよあなたの知らない白砂糖の真実です!

ページトップへ